FC2ブログ

安藤塾ハイスクール「合格への道」情熱指導ブログ

安藤塾ハイスクールの指導者ブログ。志望大学合格へ向けて高校生と共に歩む日々の情熱つれづれ日記。

AJハイスクールとは。

今日は、AJハイスクールの理念について話をします。

このブログをいつもご覧になっている方ならよく知っていると思います。

AJハイスクールの理念は、「絆」「感謝」「感動」の3Kがベースになっています。

先日、この理念を元にして新しい指導理念が誕生しました。


それは「覚醒」「使命」「感謝」です。


「覚醒」とは自分が持つ無限の可能性に気づくこと。

「使命」とは自分が成し遂げるべき大きな目標に立ち向かうこと。

「感謝」とは自分がまわりの人たちに生かされていることに感謝し、共に喜びを分かち合うこと

この3つの指導方針は、安藤塾長、そしてAJハイスクールが
世の中すべての高校生たちに伝えたい事を全て含んでいます。

私たちは常にこの3つの指導理念を胸にかかげて
高校生たちの指導にあたっていますが、
この理念を素直に受けとめて、身をもって体現してくれている生徒を2人紹介します。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

1人目は、伊勢高2年のNさんです。
彼女は小さい頃から医者になることを目指して、ほぼ毎日塾に通ってストイックに勉強に打ち込み、
今では伊勢高のテストで1番を取ることが当然のようになってきています。

そんな彼女に、どうしてそんなに頑張れるの?と問いかけをしたところ

「自分にしか救えない子どもがいると思うから、そのためにも医者になりたい。
 ならないといけないとも思うし、絶対に諦められない。」
という言葉が返ってきました。だからしんどくても頑張れるんだそうです。

自分にしかできないこと、まさに「使命感」を持って
将来出会うであろう子どもたちのために頑張っている彼女。
1年前の彼女を思い出すと、大きく成長している心に気づかされます。

自分がこの世界に生まれてきた意味を考えて、
自分にしか成し遂げられないことを探し、
それがまわりの人たちの幸せを実現する手伝いになっていれば
こんなに素晴らしいことはありません。

もう1人は宇治山田高校3年のOくんです。
彼は、名古屋大学を目指して日々勉強しており、一歩一歩合格へと近付きつつあります。

彼には、何のために勉強しているのか?という問いかけを投げかけました。
すると「周りの人たちの喜びのために勉強する」と答えが返ってきます。

自分が合格することで、まわりの人たちを喜ばせたい。
「自分のために」ではなくて、「まわりのために」合格したい。

彼はそのことに気づけたときから
大きく点数が伸びはじめました。
自分のためだけの受験ではないということに気づけた時、
努力だけでは成し得ない大きな変化が起きるのも受験の醍醐味です。


そして私たちはこの2人のインタビュー映像を1本のVTRにまとめ
現在、AJハイスクールで行っている大学入試説明会を通じ
多くの高2生に見てもらっています。

すると昨日このVTRを見た2人の高2生たちが、
自分の中に変化をおこそうと校舎に現れました。

自分の進路、将来のこと、生き方のこと
家でも親御さんと話をした様子です。

この2人のインタビューによって
また別の生徒や保護者の方が心を動かされ、
新たな一歩を踏み出していく。

こうしたきっかけや、プラスのサイクルをつくれたこと、
AJハイスクールのスタッフとして、純粋に嬉しく誇りに思います。
そして私たちの仕事の根底にある使命感に突き動かされます。

私たちAJハイスクールスタッフの使命は
この理念を世の中の高校生や保護者の方に伝えていくこと。
そして相手の心を動かし、感動を生み出すこと。

その思いに沿って、毎日仕事をさせて頂いています。
すべての物事に対して感謝です。ありがとうございます。【雪】
  1. 2011/10/31(月) 16:03:04|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ありがとう

先日、ある受験生が校舎に入った途端に泣き始めた。
涙の理由は
「受験勉強を始めてから順調に点数が伸びてきたのに最近、点数が思ったようにとれない。
最近スランプや。マイナス思考にしかなれやん・・・・」

この言葉を聞いた時、私は安藤塾長の言葉を思い出しました。
「【ありがとう】は奇跡の言葉。マイナス思考の時に、ありがとうをいっぱい言ってもらえるようにすることが大切。それができたら必ず前向きになり、プラス思考になれる。そしたら大丈夫」

私はこの言葉をそのまま彼女に伝えました。
すると彼女は「最近、ちゃんと周りが見れてなかったかも。自分中心で行動していたかも・・・」と考え始めました。そして「原因は自分にある。普段の生活をもっと見直そう」と言って、勉強を始めました。
自分を客観的に見ることができる、そして素直に反省ができる。ともに受験には必要なことです。

センター試験まで残り80日になりました。受験までどれだけの「ありがとう」を言えて、どれだけ「ありがとう」を言ってもらえるかが合格・不合格の大きな分岐点になると思います。
家族・友達・・・・気持ちはきちんと伝えましょう。




P・S 次の日、彼女は苦手な数学で高得点を取っていました。【大】
  1. 2011/10/26(水) 16:45:05|
  2. 高校部のみんなへ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第5回センター試験本番レベル模試

本日「第5回センター試験本番レベル模試」がありました。
今回から高校2年生も受験します。
受験生にとっては志望校を左右する大事な模試。
高校2年生にとっては受験勉強をスタートする模試になります。

受験生に大事なのは残り約80日に迫ったセンター試験に向けて自分には何が必要なのかを自分で理解することです。勉強した科目の点数はどうなのか。順調に伸びていればそのまま継続していってください。
逆に伸びていなかったら。。。
原因はなんですか?
どこかに甘さはなかったですか。常に満点を取る気持ちで勉強していますか。とりあえず勉強したという気持ちはないですか。
自己採点の結果をみて本気で悔しがりましたか。

すべてはそこに答えがあると思います。【大】
  1. 2011/10/23(日) 22:20:41|
  2. 高校部のみんなへ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スピーチコンテスト

10月1日(土)に伊勢ライオンズクラブ主催の英語スピーチコンテストがありました。
伊勢市内の高校生の中から、スピーチコンテストの参加者を募り、
その中から選ばれた2名は、なんと約1カ月もの間海外で様々な経験をすることができます!

安藤塾ハイスクールからは4人のチャレンジャーが練習を重ね、本番に挑みました。

CIMG7220_convert_20111002211352.jpg
なかなか立派な舞台です。
見ているこっちが緊張してきます。

そしていざ本番!
Mさんはまさかのトップバッターでしたが、堂々とした様子でスピーチをしています。
練習をし始めた頃と比べると、全然良さが違います。短期間で成長したなと感動しました。
他の3人も、観客や審査員に気押されることなくしっかりとした言葉で話しています。

CIMG7223_convert_20111002211216.jpgCIMG7231_convert_20111002211238.jpg
CIMG7238_convert_20111002211253.jpgCIMG7247_convert_20111002211310.jpg

結果は敢闘賞…ということで残念でしたが、
何よりもこの大きな舞台で物怖じせずに、しかも英語で話す経験ができたこと。
これは4人にとって素晴らしい経験になると思います。

目の前に表れたチャンスは、どんなに小さなものでも、1度逃すと2度と現れません。
今回この4人はしっかりとチャンスを掴み、自分の力や経験に変えました。
こんな風にどんなことにでも、まず ”チャレンジ”する好奇心や
度胸を持った子どもに育てること。それも安藤塾ハイスクールの使命の1つだと感じました。 
来年のリベンジ、決定です。      【雪】
  1. 2011/10/02(日) 22:04:49|
  2. 東進生へ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

あんじゅくハイスクール

Author:あんじゅくハイスクール
高校生のためのあんじゅくブログです。
日常の塾での様子や、受験情報など
様々な情報をお届けします★

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

東進生へ (359)
個別指導生へ (39)
高校部のみんなへ (346)
高校1年生へ (24)
高校2年生へ (43)
大学受験生へ (164)
その他 (64)
未分類 (57)
高1・2生へ (6)
勉強合宿 (14)
伊勢高生へ (3)
山商生へ (0)
高校生の皆さんへ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード